経営環境変化資金(セーフティネット貸付)

経営環境変化資金(セーフティネット貸付)

中小の企業にとっては、景気のいいときでも、資金は大変だったというのに、この金融危機でさらに大変なことになっていますね。

 

そんななかセーフティネット貸付というものができ、利用者が増えているようです。

 

セーフティネット貸付には、経営環境変化資金という社会的、経済的環境の変化によって事業収益が悪化して、売り上げが落ちてしまったなどの場合に融資をしてくれる事業ローンがあります。

 

基本的に中長期的にみて、業況が回復し、かつ、発展することが見込まれる状況であることがひつようになります。

 

そのため、経営的破綻は将来的にみても避けられない状態などでは利用する事はできません。

つまりこの事業ローンの目的は「経営基盤の強化を図るために必要な」運転資金となっていますので、運転資金がショートしてしまっているが、一時的なもので、社会的環境が回復したり、対策をとればなんとか持ち直せるという場合の資金となります。

 

この貸付の利点は、国の他の事業ローン、普通貸付などと合わせて利用できるので、他の国の事業ローンの限度枠とは別枠で融資をうけられるという点です。

 

限度額は、4,800万円以内で、返済 5年以内で、特に必要な場合7年以内となっています。

返済の据置期間は1年以内、特に必要と認められた場合は2年以内となっています。

 

現在は順調な場合も、このような事業ローンの貸付制度があることは、独立開業、起業する人にも覚えておいて損のないものだと思います。

 

いつどのような状況になるかはわからないのですからね。

page top