自己破産の申し立てを依頼していたらまさかの事態

自己破産の申し立てを依頼していたらまさかの事態

自己破産の申し立てを依頼していたらまさかの事態。。

 

数年前に、とある弁護士事務所に自己破産の申し立てをお願いしておりました。

 

その時になかなかないであろう出来事がありました。

 

債務整理の理由はシンプルで、当時働いていた仕事が超激務だったのと、家庭の不仲が重なったストレスで

 

そのはけ口に、女遊び、飲み。などに使う小遣いにと、金銭を何も考えず長期間に渡り複数の消費者金融から借りており、

 

それが溜まりに溜まって払えなくなった。という流れです。

 

もう自己破産してイチからやり直そう!」と考え、ネットでとある借金相談のバナーを見つけすぐさま電話。

 

その流れで、電話相談にて紹介された弁護士事務所に債務整理の相談を申し入れました。

 

申し込みをすると金融会社からの督促も止まりました。

 

そして申し込み時に提示された金額は手数料、申し立て費用、管財人費用など込みで”60万円”

 

何も知らない私は首が回らない中から翌月からせっせと積立て、1年半ほどで60万円を積立てました。

 

(この金額についてもあとで思い知らされることになるのですが。)

 

 

ただ、ここで一つ目の大きな失敗。

 

 

督促が止まって、積み立ても完了、いつでも動ける!というのをいいことに

 

処理や書類の提出を後回し、後回しにしていたらあっという間に2年間放置してしまっておりました。

 

その間に担当者も環境も変わってさらに対応が億劫になって

 

「ああ、早くやらなきゃ。」と思っていたある日、一通の封書が届きました。

 

その封書には、なんと『担当弁護士の死去により、担当業務の継続が不可能
という内容が書いてありました。

 

「まぁ、放置した自分が悪いし、料金返還してもらってまた新たに手続きしよう」

 

と考えると、その弁護士の財産相続人から連絡が。

 

お支払いされた料金の配当は、ほぼ期待できない状況です。

 

・・・・・・え!??

 

なんで!?? なんで??

 

非常に慌てました、放置していたとはいえ、仮にも60万円、レバレッジを効かすことができない私にとってはかなりの高額です。

 

目減りしてでもいいから少しでも戻してもらわないとまた積み立てなければいけなくなってしまいます。

 

後日確認したところ、

 

実はその弁護士さんあまり財政状態が良くなく、いわゆる財産的なものがゼロ、むしろマイナスとも言える状況で、

 

私と同じように被害に遭われた方もかなり多かったようです。

 

また、別の弁護士さんに聞いた際には「契約額の60万円は多すぎますよ!相場のだいたい倍額ですね。

 

どこにこの憤りをぶつけていいかわからない状況でした。

 

とはいえそもそも放置していたことが原因でもあるので怒れない自分もいて。

 

事の顛末は以上です。

 

未だ60万円がどうなるかはわかっていませんが、期待できないものにいつまでも後悔しててもしょうがないと思い、

 

現在は別の弁護士さんに依頼して債務整理を進めています。

 

ちなみ私はにこちらで債務整理を千葉で行ってくれる弁護士さんを探しました。

 

今回は迅速に進めて終わらそうと思っています。

 

面倒なことは先に片付けなければですね!

 

60万円は高い授業料となってしまいそうです。

page top